犬を飼うための必要事項
犬の基礎知識
犬の社会科
犬は実際に経験をすることで学び、知識を蓄えます。たくさんいろんな経験をすることで人間の世界を知り学ぶのです。幼少期の記憶が大変重要となりますので、子犬のうちから様々な経験をさせてあげましょう。

犬は生まれたときからもう勉強の毎日です。母親の存在を確認し、兄妹とミルクの取り合いをしてすくすくと育っていきます。また、離乳の始まる頃には、排泄も自分でできるようになり動きも活発になります。兄妹同士で遊んだり、母犬に叱られたりと様々なことを経て学んでいきます。

社会化とは、人間との生活がどんなものなのか犬に知ってもらうためのことです。生後3週以降は子犬の社会化の適齢期に突入していきます。適齢期は一般に生後3~14週といわれています。この適齢期の期間が大変重要だと言われています。ですので、「かわいい子には旅をさせろ」という精神で愛犬に接する気持ちを持つべきなのです。しかし、気をつけなければいけないのはこの時期は感受性が強いため、急に大きな音を聞いたり大きな犬に脅かされたり、一度恐怖を感じるとそれが一生のトラウマになってしまうことです。決して無理強いはしないようにしましょう。

適齢期が終わっても、社会化へのトレーニングは続けていく必要があります。トレーニングで学んだこともその後の生活で続けなければ忘れてしまいます。飼い主が焦ることなく、1つずつゆっくりと根気よく教えてあげれば愛犬もそれに応えてくれるでしょう。

犬の基礎知識

犬の歴史

犬のグループ

犬種の特徴

犬の社会科

犬を飼う

飼う前に

入手方法

選び方

必要な準備

迎え方

飼い主の義務

飼い方

Copyright (C) 犬を飼うための必要事項 All Rights Reserved