犬を飼うための必要事項
犬を飼う
飼い方
愛犬の健康の基本は毎日の食事です。飼い方の基本、食事についてご紹介します。

かつては、犬の食事といえば人間の残り物でしたが、今は犬の栄養についての研究も進み、良質のドッグフードも数多く市販されています。

是非知ってほしいのは、人間と犬では必要な栄養素の量が違うということです。例えば、たんぱく質やカルシウムなどのミネラル類は人の何倍ものの量が必要です。しかし、塩分は人間より少ない量を摂取しなければいけません。また、野菜類も犬にとっては重要な要素ではありません。飼い主はこれをよく理解して、愛犬の成長に見合った食事を必要な分だけ与えましょう。ですから、食卓にあるものをむやみに与えるのはよくありません。人間の食べ物には脂肪や塩分といった犬にはあまり大量に必要としない栄養分が多いため、犬に与えてしまうと場合によっては病気にもなりかねません。食べる量は個体差がありますので、その犬に適した量を判断するために日頃の確認が必要です。

人間には問題がなくても、犬に与えると害になるものがあります。特に注意したいのが、ネギ類です。ハンバーグやおみそ汁などに入っている玉ネギ、長ネギなどにあたります。ネギ類には、犬の赤血球を溶かしてしまう作用があり、多量に食べると中毒を起こして血尿や下痢、嘔吐といった症状を引き起こしてしまいます。他にも、タコやイカなどの魚介類や刺激物など与えてはいけない食べ物についてはしっかり知識をつけておきましょう。

犬の基礎知識

犬の歴史

犬のグループ

犬種の特徴

犬の社会科

犬を飼う

飼う前に

入手方法

選び方

必要な準備

迎え方

飼い主の義務

飼い方

Copyright (C) 犬を飼うための必要事項 All Rights Reserved